Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jcamp.blog.fc2.com/tb.php/144-af92f752

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本選手権2015 三日目 宮城MAX七連覇達成!

大会三日目は三位決定戦と決勝戦の二試合が行われました。

三位決定戦の千葉ホークスとワールドBBCの試合は、
試合開始からフロントコートから激しいプレスディフェンスを行い、
コートを走り回る千葉ホークスが土子選手を中心に得点を重ねていき、
40-17と23点差をつけて試合を折り返しました。

aflo_HNNA_150506_0229.jpg

aflo_HNNA_150506_0637.jpg

aflo_HNNA_150506_1082.jpg

aflo_HNNA_150506_0866.jpg

ただそのまま終わる強豪ワールドBBCではありません。
後半立ち上がりから得点源の土子選手に大黒柱の大島選手をマンマークで付けることで、
千葉ホークスのオフェンスのチャンスの芽をつぶしていきます。
4Q残り5:25で46-43と3点差まで千葉ホークスを追い詰めたものの、
54-45で逃げ切った千葉ホークスが第3位に。

宮城MAXと埼玉ライオンズの決勝戦は試合開始から宮城MAXのオフェンスが止まりません。

aflo_HNNA_150506<br />_1495.jpg

aflo_HNNA_150506_2343.jpg

aflo_HNNA_150506_2936.jpg

aflo_HNNA_150506_2738.jpg

aflo_HNNA_150506_2548.jpg

エースの藤本選手の破壊力のあるドライブと、
正確なシュートで得点をどんどん重ねていきます。

aflo_HNNA_150506_1583.jpg

aflo_HNNA_150506_2950.jpg

aflo_HNNA_150506_1977.jpg

若さと勢いのある埼玉ライオンズに良いところをほとんど出させずに、
64-19と試合を圧倒して宮城MAXが大会七連覇を決めました。

aflo_HNNA_150506_3203.jpg

aflo_HNNA_150506_3588.jpg

今大会の各賞
<MVP>
豊島英(宮城MAX)
<得点王>
藤本怜央(宮城MAX)
<ベスト5>
佐藤聡(宮城MAX)
竹内厚志(ワールドBBC)
永田裕幸(埼玉ライオンズ)
土子大輔(千葉ホークス)
藤本怜央(宮城マックス)
<スリーポイント賞> 
宮島徹也(富山県WBC)

( 取材・写真=伊藤真吾/アフロスポーツ )
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jcamp.blog.fc2.com/tb.php/144-af92f752

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。